お問い合わせ・ご相談はお気軽に
Tel.048-959-3456

西本眼科

MENU

診療案内

Medical

診療案内

一般眼科診療
(結膜炎 ドライアイ 眼精疲労等)

様々な眼の症状に対して適切な点眼治療等をおこなっていきます。 …

アレルギー性結膜炎

主に花粉やハウスダスト・ダニなどが原因で、花粉のため特定の時期に症状が出る季節性のものとハウスダストなどで1年中症状のある通年性のものがあり、点眼治療の他に当院では20分で主要8項目の原因検索をおこなう事が可能です。 …

白内障診療

眼球のピントを調節する水晶体というレンズが加齢により見にくくなる病気です。初期のうちには進行を遅らせる点眼治療をおこない、進行して日常生活に支障をきたすようであれば三愛会総合病院など白内障手術をおこなえる医療機関をご紹介致しますのでお気軽にご相談ください。 …

緑内障診療

緑内障は視神経が障害され気づかないうちに少しずつ視野(見える範囲)が狭くなってしまう進行性の病気です。40歳以上では約5%の有病率であり約20人に1人の割合で発症している事になります。また有病率は年齢とともに高くなっていて一度障害された神経は現代の医療ではまだ治すことが出来ないため、早期発見・点眼早…

糖尿病網膜症

糖尿病は血液中の糖度が上がり循環が悪くなるのが続く事で炎症が起こり、神経や腎臓そして眼に合併症を引き起こす病気です。糖尿病網膜症は眼底の網膜に出血を起こしますが初期から中等度の段階では自覚症状が無いことが多く、そのため治療が遅れ網膜剥離や血管新生緑内障など重篤な病気に進行する事がある怖い病気です。そ…

眼鏡/コンタクトレンズ処方

当院では眼鏡や様々な種類のコンタクトレンズ処方・販売をおこなっております。 毎週水曜日には慈恵医大や順天堂大を始め病院眼科の指定眼鏡店でかつ明治6年創業の眼鏡のパイオニアのアサクラ眼鏡さんによる出張眼鏡相談・販売もおこなっております。 …

飛蚊症

物を見ている時に黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。形や大きさは様々で症状が出る年齢も様々で20代から症状を自覚する人もいます。生理的なものやストレスによる問題の無い場合もありますが、特に飛蚊症が急に出てきたり数が増えたりした場合には眼底出血や網膜裂孔、網膜剥離など重症で早期の治療が必要…

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は網膜の中心である黄斑部に血管新生が起こり出血やむくみなどにより視力が低下する病気で、中心が見づらくなったり歪んで見えるようになります。日本においても近年の急激な高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い患者数が増加しています。 患者数は男性の方や喫煙者に多く年齢が高くなるにつれて増加…

小児眼科

主に近視・遠視・乱視などの屈折異常や斜視や弱視に対して診察・治療をおこないます。 視力の発達は8歳位までに完成してしまうのでそれまでに視力など眼の状態を特にしっかりとチェックしていく必要があります。なお当院では自費診療にはなりますが近視の進行を平均60%軽減するマイオピン点眼(100倍希釈アトロピン…